キラカ流!5大国際ブランドについて知っておくべきこと

このサイトでご紹介しているカード払いでお得になる方法を実践するために、これだけは知っておけば充分♪な国際ブランドごとの特徴をお話します。

 国際ブランドに関するそのほかの記事はこちら↓

  国際ブランドって何のこと?
  国際ブランドを慎重に選んだほうが良い理由
  パターン別!あなたに合った国際ブランドの選び方

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

5大国際ブランド

国際ブランドは主に5つあり、これらは5大国際ブランドと呼ばれています。 

ブランド名ロゴタイプ
VISAVISA決済カード
MasterCardMasterCard決済カード
JCBJCBT&Eカード
AMERICAN EXPRESSAMEXT&Eカード
Diners ClubDinersClubT&Eカード

 国際ブランドって何かしら?という方は、こちらの記事をどうぞ↓

  国際ブランドって何のこと?

決済カードとT&Eカードとは?

表にある、決済カードなのかT&Eカードなのかによって、ブランドのスタイルがガツンと異なります。

決済カードとは?

「どこでも支払いができるカード」になることにこだわっていて、世界各国で加盟店を増やしつづけているブランドです。

5大ブランドのうち、VISAとMasterCardがこれにあたります。

国際ブランドごとの会員数と加盟店数ではこの2大ブランドが他を圧倒していて、会員数に限って言うと、全体の9割のシェアを占めています。

つまり、国内外問わず利用できるチャンスが多いということが、一番の特徴です。

T&Eカードとは?

T&Eとは「Travel and Entertainment」(旅行と娯楽)の略です。この名前のとおり、旅行先での情報提供や保険、サービスデスクなどの会員向けサポートを重視しているブランドです。

5大ブランドのうち、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubがこれにあたります。

加盟店数を増やすことよりも、サービスに力を入れているということが、一番の特徴です。

5つの国際ブランドの特徴

次に、それぞれの国際ブランドについて、もう少しくわしくお話しします。

VISA(ビザ)

VISA

VISAインターナショナルという機関が管理している、VISAという名のお金を支払うしくみのことです。

世界レベルで会員数と加盟店がとても多いです。旅行でも仕事でも、海外に行くことが多いよ!という方は、MasterCardと並んで必ず持っていきたい国際ブランドです。

とはいえ、支払いやすさは海外に限ったことではありません。日本国内でも、クレジットカードで支払えますよ~という所ではほぼ、VISAが使えるはずですから。

5大ブランドの中でも特に、世界中どこでも使えて、一番使いやすい国際ブランドと言えます。

MasterCard(マスターカード)

MasterCard

MasterCardワールドワイドという団体が管理している、MasterCardという名のお金を払うしくみのことです。VISAに対抗して作られました。

VISAと並んで、会員数と加盟店がとても多いです。日本でも海外でも、幅広く利用できます。

JCB(ジェーシービー)

JCB

日本発の国際ブランドです。なので、国内のクレジットカード払いができるお店ならばどこでも使うことができそうなのですが…実はVISAとMasterCardは使えるけどJCBはダメですというお店も時々あります。

実店舗だけでなく、インターネットショッピングでも、JCBは使えませんという場面にたま~に出くわします。

海外でも、日本人がよく行く観光地では使えることが多いですが、それ以外の地域は今のところあまり使うことができません。

そもそもT&Eカードですのでね。世界中どこでも使える…ということよりも、お楽しみやサービスを重視しています。世界の主要都市に置いているJCBプラザ(JCB PLAZA)が象徴的な存在です。

JCBプラザでは、現地でのホテルやレストラン、オプショナルツアーや航空券の予約から、その他さまざまなサービスを日本語で案内してくれるので、海外旅行に不慣れな方には非常に安心です。

AMERICAN EXPRESS(アメリカンエクスプレス)

AMEX

「AMEX(アメックス)」とも呼ばれます。カード払いのしやすさよりも、豊富なサービスを受けられることに力を入れています。

国内外共に、他のブランドと比較してカード払いできる場面が限られてくるので、このサイトではおすすめしていません。

ですので、このブランドに関する説明も、ここで打ち切らせていただきます!

DinersClub(ダイナースクラブ)

DinersClub

「ダイナースクラブ」と読みます。AMERICAN EXPRESSと同様、カード払いのしやすさよりも、豊富なサービスを受けられることに力を入れています。

AMERICAN EXPRESS同様、国内外共に、他のブランドと比較してカード払いできる場面が限られてくるので、このサイトではおすすめしていません。

ですのでやはり、このブランドに関する説明も、ここでうちきらせていただきたく…

5大国際ブランドに関して、当サイトキラカちゃんではこれだけ知っておいてもらえれば、充分です!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加