ライフカードでカード払いのお得「公共料金・固定費編」

我が家のお得の味方は、ライフカード。ライフカードでカード払いをして、しっかりお得を実感しています。「どうせたくさんカード払いしなくちゃ、ごほうびなんてもらえないんでしょ?」と、疑いの目を向けているあなた!ここでは、我が家の公共料金や固定費に限ったカード払いを公開しましょう。

毎月どのくらいの支払いがあるの?どのくらいポイントをもらえるの?そして、1年間でいくらくらいお得になっているの?あなたのお家の家計簿と照らし合わせてみてくださいね。

たったの1年で1万6000円分のギフトカードがもらえちゃう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

公共料金や固定費をライフカードでカード払いした場合のお得

我が家の公共料金と固定費のライフカード払い
これは、とある1年間の我が家の公共料金や固定費のカード払い状況です。…もう一度言いますが、公共料金・固定費だけなんです。これだけで、年間130万円も支払っているのですねぇ。

支払うことが決まっているという性質からか、あまり意識せずに支払うようになってしまっていました。でも、こうして改めて毎月大金を支払っていることを痛感すると、ただ放っておくのはもったいなさすぎます。これをごほうびのモトにすることができるのだから、ぜひそうするべきですよ!

公共料金や固定費だけで、こんなにもらえるポイント!!

毎月の公共料金や固定費をライフカードでカード払いするだけで、実際いくらくらいお得になっているのか?細かく見てみましょう。

我が家の公共料金と固定費の月額ライフカード払い額
これは、月別の合計支払金額です。まずは、必ずもらえる基本ポイントを見てみましょう。
ライフカードでもらえる基本ポイント
年間で1,300ポイントの基本ポイントをもらいました。…それってどれだけの価値があるの?というところは、のちほどお話ししますが、ライフカードのポイントはこれだけじゃありません。その他のボーナスポイントがたくさんもらえるので、面白いくらいにポイントが貯まります。本当に笑っちゃうくらい面白いんですよ。

ライフカードでもらえるお誕生月ポイント

ライフカードの新規入会キャンペーンポイント

ライフカードのステージ別ポイント

ライフカードのスペシャルポイント

あれよあれよといううちに!1,300ptが3,213.7ptにもなってしまいました。ボーナスポイントをもらって、ポイントは基本ポイントの倍以上に増えたわけです。

3,214ptって、いくら分のお得なの?

公共料金や固定費だけをカード払いして手に入れたこの3.214ポイントには、いくらの価値があるのでしょう?ライフカードのポイントを貯めてもらえるごほうびの種類は、実に幅広いです。ぜひのぞいてみてください。→ライフカードのWEBカタログはこちら

ここでは、実際のところいくら分のお得なのかを知るために、現金と等しく支払いに使えるギフトカードやネットショッピングのポイントに交換して見てみましょう。

ライフカードで毎年1万5000円もお得!
3,214ptのうち、3,100ptを上記の内訳で交換したとします。すると、16,500円もの価値があることがわかりました!ちなみに、ライフカードのポイントの有効期限は最長5年です。

1年や2年といったクレジットカードが多い中、効率よくポイントを貯めることができて、かつ有効に使える5年という長さは、とてもありがたい長さです。使ってみると、より実感!

ライフカードの公式ページへはこちらからどうぞ♪

公共料金と固定費だけで効率よくごほうびをもらうための注目ポイント

ここで、公共料金や固定費だけで効率よくごほうびをもらうために押さえておきたいポイントを見ていきましょう。ライフカードでは、いかにボーナスポイントをたくさんもらうかが、カギになってきます。

注目ポイントその1 公共料金だけで20万円越え!
公共料金だけで20万円超!
毎日生きていくための支払いだけで、こんなにも!カード払いを選択できるできる限り、ここはぬかりなく手続きしておくことが大切。

ちなみに、公共料金だけをライフカード払いしたとしても、年間で328ptもらえます。5年で1、640pt。これは、約8,000円分のお得に相当します。

注目ポイントその2 公共料金や固定費だけで130万円!
公共料金と固定費だけで130万円!
最初に一度の手続きをするだけ!あとは自動的にごほうびに向かっていく公共料金と固定費のカード払い。これをライフカードで確実に支払うようにするだけで、ボーナスポイントをもらうための最低ライン(50万円)を余裕でクリアできます。

さらに、翌年のボーナスポイントをアップさせるための年間150万円も、狙える位置にいますね!ご家庭によっては、これだけでクリアできてしまうかもしれません。あと少し足りないんだけど…という場合も、どんな支払いがプラスされるかわからないので公共料金と固定費を確実にカード払いしておいて備えておきましょう。
1年のうちに少し高額な買い物(冷蔵庫やテレビの買い替え、家族旅行など)が発生したときだけライフカードで支払えば、ちょちょいと150万円にすることに。テレビの故障で買い替えは痛いけれど、ライフカードで支払って来年のポイントアップになったのならラッキー♪と、少しは傷を癒せるかもしれません。

注目ポイントその3 年払いの固定費はなるべく誕生月に支払う!
年払いのライフカード払いは、なるべく誕生月に支払おう。
他のカードにはない、ライフカードのお得の最大の特徴である誕生月のポイント5倍!これを上手に使うことで、さらにさらにお得はUPします。年に1回の支払い(年払い)を、いかに誕生月に命中させるか!これが、この上なくお得になるためのコツです。

ついでに2か月に1度の支払いの水道料金も、10月に支払っています。これは、たまたまですが(笑)

公共料金や固定費だけでも、たっぷりお得になることができるということをわかっていただけましたか?ごほうびをもらうために、必要以上にカード払いをする必要はありません。まずは公共料金と固定費だけでも、しっかり結果が見えます。

参考までに、我が家は公共料金や固定費だけでなく、その他の支出もライフカードでで支払っています。そうすると、ある1年間のカード払い総額は公共料金や固定費だけでも、たっぷりお得になることができるということをわかっていただけましたか?ごほうびをもらうために、必要以上にカード払いをする必要はありません。まずは公共料金と固定費だけでも、しっかり結果が見えます。

参考までに、我が家は公共料金や固定費だけでなく、その他の支出もライフカードでで支払っています。そうすると、ある1年間のカード払い総額は250万円にもなった年もあります。決して無駄遣いをしているわけではありません。日々の食費や生活費、交際費だけでなく、パソコンやテレビを買い替えたり、思わぬケガの治療や想定外の車の修理が発生したり…と、数多く発生する家庭レベルの支出はとっても大きくなるものです。

公共料金と固定費のカード払いで、カード払い体質になっておきましょう。これからのカード払い生活を謳歌したいあなたにも、公共料金や固定費のカード払いにきっちり取り組んでおくことで、これからのカード払い生活を謳歌する土台を作ることができるので、とってもおすすめです。
にもなった年もあります。決して無駄遣いをしているわけではありません。日々の食費や生活費、交際費だけでなく、パソコンやテレビを買い替えたり、思わぬケガの治療や想定外の車の修理が発生したり…と、数多く発生する家庭レベルの支出はとっても大きくなるものです。

公共料金と固定費のカード払いで、カード払い体質になっておきましょう。これからのカード払い生活を謳歌したいあなたにも、公共料金や固定費のカード払いにきっちり取り組んでおくことで、これからのカード払い生活を謳歌する土台を作ることができるので、とってもおすすめです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加