家族でポイントを貯められる!家族カードを作ろう!

家族カードでクレジットカードの使い勝手がさらにUP!お得がいっぱいのクレジットカード払いだけど、家族カードも合わせて使うことで、簡単に、さらに効率良くお得になることができるのです!ここでは、知らなきゃもったいなさすぎる、家族カードの基本について、わかりやすくお話しします。

家族で貯めればドカーンと貯まるポイント。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

家族カードって何?

そもそも…クレジットカードは申し込みをした人の信用を元に発行されるものです。そのため、そのクレジットカードを本人以外が使うことは認められていません。つまり、たとえ妻であっても、夫のクレジットカードを使って支払いをすることは、できないのです!

でも、これでは生活のあらゆる場面において不便を感じることがたびたび出てきます。それをスッキリと解消してくれるのが、家族カードです!

たとえば、本会員である夫が妻と娘の家族カードを申し込むと、妻名義のクレジットカードと娘名義のクレジットカードが新たに発行されます。家族カードでも、本人名義のクレジットカードになるんです!カード利用額の請求が、本会員のカード利用額と合わせて本会員にされるだけです。

これで、夫も妻も娘も、それぞれが自分名義のクレジットカードを、夫のクレジットカードの利用可能枠の範囲内で使うことができるようになります。

家族カードのメリット

本カードで支払った分も、家族カードで支払った分も、すべてのポイントが本カードに付与されます。これで無駄なくポイントを使えるので、一足早くごほうび近づくことができます!

さらに、家族カードでのカード払い利用額は、本カードの利用額と合わせてまとめて本カードに請求されます。クレジットカードの利用明細は1枚にまとまるし、毎月1回の引き落とし日にまとめて引き落とされるので、家計の管理も口座の管理も簡単になります。

家族カードを作ることができる人

それでは、どんな人が家族カードを作ることができるのでしょう?たとえば、ライフカードと楽天カードは、本会員と生計を同一にする配偶者、親、または子供(高校生を除く18歳以上)です。クレジットカードによって多少異なるところもありますが、だいたいこんな感じです。

公共料金と固定費に限ったカード払いでも、家族カードをおすすめする理由

「クレジットカード払いは公共料金と固定費だけにしようと思っているから、ウチは家族カードは作らなくて良いでしょ?」そんな声も聞こえてきますが、本当に必要ないかどうか、ここで一度考えておきましょう。

たとえば、ガス代、水道代、電気代、新聞代、NHK受信料といった公共料金・固定費をご主人名義のクレジットカードでカード払いするだけ。それなら、家族カードは不要かもしれません。でも、支払い項目によっては、その商品の特性上、契約者本人名義のクレジットカードしか使えない場合があるのです!

たとえば、生命保険のアフラック。保険料をカード払いで支払うことはできますが、そのクレジットカードは契約者本人の名義である必要があります。こんなとき、夫名義のクレジットカードしか持っていないと、妻の保険料分はカード払いで支払えないか、または別の妻名義のクレジットカードで支払って、ポイントが分散されてしまい残念な結果に!

こんなとき、家族カードを持っていると、こちらもカード払いで支払ったうえに、ポイントは本カードのポイントと合算されて貯めることができるのに…そこで気づいて急いで家族カードを申し込み、手元に届いてから改めて保険の手続きをする…というのも、面倒です。生命保険の保険料に限らず、本人名義のクレジットカードしか使えなくて泣く泣く別のカードで支払ったという状況を作らなくて済みますよ♪

そうは言っても、
「うちの生命保険はもともとクレジットカード払いができないし…」
「他の固定費も調べてみたけど、家族名義のクレジットカードも使えそうだから大丈夫!」

…ということで、やっぱり家族カードは必要なさそうだわ。という人は、最初から無理に作る必要はありません。将来的に、公共料金と固定費だけじゃなく、もう少しカード払いの範囲を広げてもっとお得になろう!とったときに、ぜひ便利な家族カードの存在を思い出してくださいね!あとから追加で申し込むこともできます。

家族カードを申し込む前の、要検討事項!

家族カードを申し込もうと考えているあなたへ、1つ質問です。

この家族カードの本カード(本会員のクレジットカード)に設定する引落し口座の名義は、本会員の名義と同一である必要がありますか?

そもそもクレジットカードを作ると、利用額を支払うための引落し口座を指定しなくてはいけません。そしてその指定する口座は、クレジットカードの名義人の口座でなくてはいけないものと、家族の口座もOKなものとがあります。

このサイトでおすすめしているクレジットカードを例に挙げると、

  • ライフカード…本カード契約者本人名義と同一名義の口座に限る。
  • 楽天カード…本会員名義人と引落し口座名義人は同一である必要あり。

…ということで、どちらも本カード契約者本人の口座でなくてはいけません。

そこでよく考えなくてはいけないのは、誰を本会員にしてクレジットカードを作ったら良いのか?ということです。

(本カード)(家族カード)にする?
それとも、 
(本カード)&(家族カード)にしたほうが良い?

いくつかヒントをお話ししますと… 

カード名義人=引落し口座の名義人でなければいけないクレジットカードの場合

毎月定期的に収入があったり、家計の入出金用として日頃から使っている口座を、クレジットカードの引き落とし口座に指定するのはいかがですか?その口座の名義人を本会員、それ以外の家族が家族会員として申し込みをすると、スムーズです。

 

専業主婦(または専業主夫)

クレジットカードによっては、専業主婦(夫)が本会員の場合は家族カードが作れなかったり、利用限度額が10万円以上は上がらなかったりと、不便な場合があります。収入のある夫(または妻)を本会員にしてクレジットカードを作りましょう。妻(または夫)は家族カードを作りましょう。

今後のクレジットカード払いのお得を左右する重大な場面です。ここは、家族カードを申し込む前に…はたまたクレジットカードを作る前に、よくよく考えておきましょう。

家族カードの申し込み手順

これでいよいよ、家族カードを申し込むことができます!

すでにお持ちのクレジットカードの家族カードを作りたい場合は、追加で申し込むことがきます。新規でクレジットカードを申し込むときは、家族カードも同時に申し込むことができます。ただし、本カードが一足先に到着し、その数日後に家族カードが届くことが多いです。

どちらの場合も、インターネットのホームページから申し込みをしましょう。

家族会員にはポイントが貯まらないってこと?全部本会員に授けられてしまうなんて、いやだ!というあなたへ。本会員にポイントが貯まるからといって、家族会員はポイントの使い道を決める権限がない…なんて、思わないでくださいね!そのポイントをどうやって使うか?どんなごほうびをもらうかは、誰が決めても良いんですよ~♪

家族で協力して、効率よくポイントを貯めましょう☆家族カードを上手に利用して、家族でもっとお得になりましょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加