貯めていた2万5,000円分のポイントが消滅した話

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

悲劇…25,000円分のポイントが消滅!

有効期限切れでポイント消滅!

※2015年12月現在のデータです
※現在のお誕生日ポイントはいつもの3倍!それでもポイントたくさん貯まっています(⁎˃ᴗ˂⁎)

初めてのライフカード

今から8年ほど前に、初めてのライフカードを作りました。それから私はそのライフカードをメインカードにして、クレジットカード払いができるところではできる限りカード払いするようにしました。

ライフカードのとってもお得なポイントシステムのお陰で、以前持っていたクレジットカードよりもかなり早いスピードでポイントが貯まっていったので、それを主にJCBのギフトカード(商品券)に換えて恩恵を受けていました。

私が今もメインカードにしているライフカードの公式ページはこちらです♪

さらに、夫名義のライフカードと家族カード

それから2年ほど過ぎた頃、出産のために仕事を辞めました。それをきっかけに今後のことを考えて、それまでの私名義のライフカードとは別に、夫名義のライフカードも新たに作ることに決めました。その際、家族カードも作って、私はそれをメインカードとして使うことに!

公共料金や固定費だけでなく、日々の食料品や生活用品など、あらゆる支払いを新しいライフカードでカード払いをするようにしました。

さて、それからというもの、再びライフカードでクレジットカードポイント生活を楽しんでおりました。

クレジットカードの整理と、とある策略

さらに2年ほど経ち、私は持っていた複数のクレジットカードを整理しようと思い立ちました。使わないクレジットカードは解約してしまおうと。そして、使っているクレジットカードも、ポイントの有効期限と現在のポイント数をしっかり把握しておこう…と!

そんな作業を開始して、私の名義で作った初めてのライフカードの番になりました。なぜ、(夫名義のライフカードの)家族カードを日常的に使うようになっていたのに、まだ私名義のライフカードも解約せず残していたのか?というと、その理由はこんなもの。

「ライフカードの最大の特徴である、お誕生月ポイント5倍のボーナスを最大限もらってから解約しよう!ウッシッシ!」

ポイント5倍のボーナスがもらえるのは、名義人のお誕生月のときだけ。つまり、夫名義の家族カードなら、夫の誕生月である10月だけが該当月となります。

そこで、以前作った私名義のライフカードが登場!私の誕生月の5月だけは、私名義のライフカードでカード払いすれば、こちらでもポイント5倍のボーナスポイントがもらえるぞ!と。そこで貯めたポイントをJCBギフトカードなどに交換して、しっかりごほうびをもらってから解約すれば、非常にお得じゃないですか!?という魂胆。

有効期限の意味を実感

5月に私名義のライフカードでカード払いしたのは良かったのですが、元来面倒くさがりの私は、そのまますぐにごほうびの手続きをすることもなく、解約することもなく、なんとなくそのまま放っておいてしまいました。

そして、いざ、ごほうびをもらおうと、ライフカードのホームページから私専用ページにログインして調べてみると…ウッシッシ!なはずのポイント数は…???

あれ?おかしい!もっとたくさんあったはずなのに!なんだか全然足りないよ!

ライフカードのポイントの有効期限は基本的には2年ですが、繰り越し手続きをすると最長5年まで繰り越すことができるのです。(これも、他のクレジットカードにはない、ライフカードのお得な特徴のひとつです。)

その繰り越し手続きをした覚えがしっかりあったので、有効期限はまだ先だろうとのんきに思っていたのに…おかしい!!すぐにライフカードのコールセンターへ電話をし、私名義のライフカードのポイント履歴を調べてもらいました。

すると…私のカードにポイントを交換した履歴もなければ、有効期限の繰り越し手続きをした形跡もなく…なんと、私が絶対に手続きしたと思っていた繰り越し手続きは、夫名義の新しいライフカードのほうだったのです!

無残にも(…というか、手続きしていないので当たり前の話なのですが。)有効期限が切れ果ててしまった私のポイントは、失効…つまり消滅して消え去ってしまいました。こうなってしまっては、もういくらあがいても復活することはありません。

計算してみると、25,000円分のギフトカードに交換できるだけのポイント数でした。その事実を目の当たりにし、愕然。「ま、いっか」では済まされない事態を引き起こしてしまった自分を心の底から叱り倒しました。

私のおすすめライフカード

これは、私の浅はかな悪だくみと、詰めの甘さが引き起こした当然の結果でした。クレジットカードによって有効期限は異なります。まずはいらないクレジットカードは解約して、手元に残ったクレジットカードの有効期限をしっかりと把握しておくことが何よりも大切です。

日々の支払いをせっせとカード払いして貯めた大切なポイントを、有効期限切れで無駄にしてしまうことがないように、充分お気をつけくださいませ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加