夏と言えば…の、ネバネバサラダ作りました!

暑くなってまいりました!ネバネバサラダの登場です。

ねばねばサラダを作りました!

ネバネバサラダが「夏」という感じがするのは、なぜでしょう?夏になると、ネバネバサラダが食べたくなる…あなたもそんな経験ありませんか?

オクラやモロヘイヤ、山芋などのネバネバの正体は、体の粘膜を守ってくれるムチンという物質。このムチンが、夏バテで弱った胃や腸の粘膜を強くし、消化をよくしてくれるというわけ。

そうだったのか!暑くなると、舌や体がネバネバを欲するのは、本能によるものだったのね!妙に納得…

我が家のネバネバサラダのレシピは、母から教わったものです。

☆ 本能が求める夏のネバネバサラダ ☆

材料<2人分>

  • レタス(4枚)…適当な大きさに手でちぎる
  • 水菜(1株) …3cmくらいにカット
  • オクラ(2本)…輪切り
  • なめこ(1袋)…熱湯で1分ほどゆでる
  • 山芋(5cm)…1cmのサイコロ型にカット

…と言っても、量もサイズも適当でOKです。2人分と書いていますが、1人でバクバク食べても良し!ですし。お好きな食材は、多めに入れちゃいましょう。

最後に、お好きなドレッシングであえて、お召し上がりください♪

ネバネバサラダをモリモリ食べて、夏本番に向けて夏バテしない体づくりを目指しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)