国際ブランドって何のこと?

国際ブランドって、何だか知ってますか?「えー?そんなの聞いたこともないよー」

それでは、「ビザ」や「マスターカード」という言葉は聞いたことがありますか?

「あるあるあるある~!」…そう!!そのビザ(VISA)やマスターカード(MasterCard)こそが、国際ブランドと呼ばれるものなのです。

5大国際ブランド

クレジットカードは、国際ブランドが付くことで、国内外のあらゆる場所でカード払いをすることができるようになります。

国際ブランドにはいくつかの種類があるので、私たちは新しくクレジットカードを作る際には、どの国際ブランドを付けるかを決める必要があるのです。(あらかじめ決まっていて選べないクレジットカードもあります。)

そうとも知らず、クレジットカードの申込書を記入しているときに突然、「VISA/MasterCard/JCBの中からどれか一つ選んでください!」といった項目が表れると、焦ってしまいます。

「どれを選んだら良いかなんてわからないよ~。でも、なんだかよくテレビのCMで見るし、これで良いや!えぃっ!」と、流れで選んでしまって申込書を提出…なんてことにもなりかねません。

私も以前、そんな経験がありました。

…というわけで、適当に選んでしまって後悔するなんてことがないように、国際ブランドについて、いくつかの記事に分けて、わかりやすくお話ししていきましょう♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

国際ブランドってどういうもの?

今、日本で作るクレジットカードについている国際ブランドは、ほぼ、VISA・MasterCard・JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubの5つのうちのどれかになります。

それぞれの国際ブランドごとにさまざまな特色がありますが、このあたりの説明はまた別の記事でお話しするとして、ここでは国際ブランドそのものについてお話しします。

国際ブランドとはこういうもの

クレジットカードおもて面を眺めると…

5大国際ブランド
この中のどれかのロゴが付いていると思います。これが国際ブランドのロゴです。

たとえば、このライフカードの場合。

右下にVISAのロゴがありますね。ですので、これは、VISAブランドがついている(VISAブランドの)ライフカードということになります。

では、このVISAブランドがついていることで、どんな素晴らしいことが起こるのか、ひとつの例を見てみましょう。

ライフカードにVISAが付くと、ライフカードのポイントがぐんぐん貯まる!

クレジットカード払いができるお店には、入り口やレジ付近に「このお店で利用できるクレジットカード」のロゴが表示されています。

たとえばこんなふうに…

利用できるクレジットカード一覧

あれ!?ライフカードのロゴがないぞ!!

でも、安心してください。もし、この場合のようにライフカードのロゴがなくても、VISAのロゴさえあれば、このライフカードを会計の時にお店の人に渡してカード払いをすることができてしまうのです。

そして、この支払いでライフカードのクレジットポイントが貯まっていくのです!

これは店頭に限らず、ネットショップでも同じこと。国内に限らず、海外でも同じこと。(ただし、クレジットカードのポイント対象外の商品というものもあります。)

「驚いた!持っているのはライフカードなんだから、ライフカードのロゴがなければクレジットカード払いはできないと思ってた!なぜこんなことができるの?」

それこそが、国際ブランドのすごいところなのです。国際ブランドの正体は、24時間あらゆる場所で決済することができるシステムを、様々なカード会社に対して提供している会社なのでした。

この会社があるおかげで、日本で発行したクレジットカードを、世界中で使うことができるようになっているのです。

こうして無事に、「ご利用できるクレジットカードの一覧」の中にライフカードのロゴがない場合でも、VISAの決済システムを利用してカード払い完了です。

国際ブランドは、どれでも好きなものを選べるの?

今や、日本で発行されるほぼすべてのクレジットカードには、必ずどれかの国際ブランドが付いています。

でも、どのクレジットカードでも自分の好きな国際ブランドを選べるかというと、そうではありません。それは、クレジットカードによって異なってきます。

たとえば、ライフカード、楽天カード、Yahoo!JAPANカードの場合は、VISA・MasterCard・JCBの3種類から選びます

セブンカード・プラス、KAMPO STYLE CLUB CARDになると、VISAまたはJCBの2種類です。その他、JCBカード、ファミマTカードのように、あらかじめJCBのみのクレジットカードもあります。

もし、「海外旅行へ行くので、今回は○○○○の国際ブランドがついたクレジットカードを作りたい!!」と決めている場合は、まずはその国際ブランドをつけることができる or できない をしっかりチェックすることが大切になります。

上記でご紹介したクレジットカードの公式サイトはこちら↓

 ライフカード 楽天カード Yahoo! JAPANカード

 セブンカード・プラス 

 JCBカード ファミマTカード

国際ブランドが違うことで、どんな違いがあるの?

VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・Diners Clubは、それぞれが独自の決済ステムを持つ会社です。なので、国際ブランドであればどれも同じ…というわけにはいきません。

国際ブランドが異なることで、どんな違いが出てくるのでしょう?

そのクレジットカードが、使いたいお店で使えるか?

一番の違いは、持っているクレジットカードが、使いたいお店で使えるか使えないか…ということです。

どういうことかと言うと、クレジットカードで支払えますよ~というお店でも、どんなクレジットカードでも使えますよ~というわけではありません。

そのお店が、その国際ブランドと提携しているお店(=加盟店と言います)であれば使えますし、そうでなければ使えません。

たとえば、VISAの加盟店であり、MasterCardの加盟店でもあり、JCBの加盟店でもあるA書店では、お持ちのクレジットカードにVISAかMasterCardかJCBのいずれかのロゴがあればカード払いすることができます。

でも、AMERICAN EXPRESSのみの加盟店であるB古物店では、AMERICAN EXPRESSブランドのクレジットカードしか使うことができません。この場合は、VISAブランドのクレジットカードを持っていても、カード払いすることができないのです。

受けられるサービスに違いが出てくることも…

また、国際ブランドによって受けられるサービスに違いが出てくることもあります。

たとえば、同じライフカードや楽天カードでも、JCBブランドのものだと、海外の主要観光地にある便利なJCBプラザを利用できたり、ディズニーリゾートのチケットが当たるキャンペーンに応募できたり…

 →JCBプラザのサービスについてはこちらの公式ページへ

一方、VISAブランドだと利用することができない…という具合です。

最初から、サービス重視で!!とお考えなら、ここもしっかりチェックしておきたいところです。

ですが、このサイトは、日々の支払いでお得になるための方法としてカード払いをおすすめしているサイトですので、サービスうんぬんよりも、まずはカード払いがしやすいカードであることが一番の大きなポイントだと考えているということは、お伝えしておきますね。

…とはいえ、サービスだって気になるよ!知りたいよ!という方に、もう少し詳しい説明を作成中ですので、もうしばらくお待ちくださいね。

国際ブランド選びで注意してほしいこと

国際ブランドについては、わかりにくくて混乱しがちなところがもう1つあります。それは、VISA・MasterCard・JCBなど、どの国際ブランドがついていたとしても、結局はそのカードを発行している会社に管理されているのですよ~という点です。

つまり、どんなブランドのロゴがついていようとも、そのクレジットカード発行会社が用意しているポイントプログラムやサービスに参加することになるのです。

たとえば、JCBブランドがついた楽天カードで支払えば、支払い金額に応じて貯まるのは楽天ポイントであり、同じJCBブランドがついていても、それがライフカードなら、貯まるポイントはライフサンクスポイントになります。

どちらのクレジットカードの場合も国際ブランドはJCBで同じですが、支払ってもらえるごほうびは、まったく別のものになるわけです。

テレビや雑誌のCMででよく目にするクレジットカードに、JCBカードがあります。このJCBカードのポイントプログラム(Oki Dokiポイントプログラム)でポイントを貯めてごほうびをもらいたいと考えているならば、ジェーシービーが発行するJCBカードを作ってくださいね。

このときに、国際ブランドとしてのJCBがついた楽天カードやライフカードを作っても、ダメですよ!それではOkiDokiポイントを貯めることができません。

 →JCBカードの公式ページはこちらへ

国際ブランドがどんなものか、お分かりいただけましたでしょうか?

クレジットカードは、国際ブランドによって、その後の使い勝手が大きく変わってくるので、慎重に選びましょう!

「じゃぁ、私はどれを選べば使い勝手が良くなるの~?」というあなたのために、あなたに合った国際ブランドの選び方の記事を作成中ですので、もうしばらくお待ちくださいね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加